動画『ひがし北海道の魅力ぜんぶ見せます!』のタウン編公開!

ひがし北海道自然美への道DMO公式YouTubeチャンネルにて『ひがし北海道の魅力ぜんぶ見せます!EASTERN HOKKAIDO LOVE!』というシリーズで動画を公開中です。
冬でもエクスプレスバスで巡れる広域周遊エリアコースを5本紹介しています! そして、第6弾からは観光拠点となるタウン編の公開がスタート。北見編に続き、帯広、釧路、中標津・別海と続きます。どうぞお楽しみに!!
さてここでは、タウン編のトップバッターである北見編の魅力をちょこっとお見せしちゃいます。よろしければ、動画の方もご覧いただけるとうれしいです!
↓↓↓
YouTubeチャンネルはコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCEaBiIAq0TBjOurnGtU6dDg
Webサイトはコチラ
https://eastern-hokkaido-style.jp/archives/special/eastern-hokkaido-movie/

常呂(ところ)にあるワッカ原生花園の遊歩道でサイクリング

網走国定公園の区域に指定された日本最大の海岸草原。幅200~700m、全長20kmに及ぶ一帯は、湿地や砂丘など変化に富んでおり、300種以上の草花が見られる場所としても有名です。
海岸草原、砂丘、塩性湿地と、さまざまな環境で生きる植物が見られる場所です。ワッカ原生花園は、北海道遺産にも指定されています。ワッカ原生花園の遊歩道は4kmほど。ワッカ原生花園にあるネイチャーセンターでレンタサイクルをして、自転車でまわるのがおすすめです。海岸に自生するハマナスの実がたわわになっていました。

カーリングの聖地で、カーリング体験

アドヴィックス常呂カーリングホールは、オリンピックで活躍したメンバーの練習場所になっている、まさにカーリングの聖地!アドヴィックス常呂カーリングホールでは、有料でインストラクターさんにカーリングの基礎から、ストーンの投げ方、ブラシのこすり方などを教わることができます。基本フォームでのバランスのとり方、ストーンのコントロールも難しいようです。体験したスタッフは、終了後に汗だくになっていました。結構体力を使うようです。

北見市街地でグルメ満喫、ハッカ油を使った体験も!

北見市街地に移動して、あのスーツでモグモグタイム!カーリング選手が食べていたことで一躍人気となった北見銘菓の「赤いサイロ」。北海道産の素材で作った濃厚なチーズケーキです。北見に本店がある「清月」さんで買うことができます。おみやげ店では、今だにすぐ売り切れになるほどの人気商品です。おみやげにもおすすめです。
北見グルメを代表するものといえば「焼肉」。サガリや豚ホルモンなど、新鮮なお肉を味わえる「味覚園総本店」さんへ。添え野菜はもちろ北見産玉ねぎ!肉は味付きではなく、タレや薬味を、食べる時につけるのが北見流の食べ方だそうです。

北見市街地ではその他に、ハッカ記念館で蒸留したハッカ油を使ったオリジナルのアロマクリーム作りに挑戦!ハッカ油の他に、お好みの香りのオイルを入れて、自分だけのオリジナルのクリームを作ることができます。ホホバオイルを入れるので保湿効果も十分。30分ほどで手軽に行うことができます。

留辺蘂(るべしべ)で北海道の淡水魚を見て、白花豆のソフトクリームを味わう

北見のさらに内陸部にあるのが、留辺蘂(るべしべ)。源泉100%、美肌の湯として知られておんね湯温泉があります。そのおんねゆ温泉エリアにあるのが、北海道の淡水魚を独自の展示方法で見せてくれる「北の大地の水族館」です。滝を下から見ることのできる、日本初の「滝つぼの水槽」や、冬に凍った水面の中を見ることのできる「四季の水槽」などがあります。
「北の大地の水族館」と同じ敷地内には、道の駅おんねゆ温泉があります。そこで販売している白花豆のソフトクリームは絶品です。留辺蘂地区は、白花豆の生産量が日本一!豆の食感が感じられ、白花豆のやさしい甘さが絶妙です。立ち寄る機会がありましたら、ぜひテイクアウトしてみてくださいね。

それぞれの街の魅力を掘り下げて行きます!

新しくはじまったタウンシリーズ。今後は、帯広、釧路、中標津・野付の3本を順次公開していく予定です。有名な観光スポットの紹介が多いですが、地元の人のお話から、少し街の魅力を掘り下げた内容になれば良いなと思います。
ぜひご期待ください!

■過去の記事