阿寒湖のモーニングカフェツアーに参加してきました!

早朝の阿寒湖に行き、モーニングコーヒーを飲むツアー「モーニングカフェ ツアー」。運が良ければ雄阿寒岳がきれいに見えるそうですが、私が参加した時はモヤがかかっており、残念ながら雄阿寒岳を見ることができませんでした。が、アイスアートなど、想像以上の発見と楽しさがありましたよ。お値段も3000円(税別)とお手頃なので、ぜひ多くの人に参加してほしいプログラムです!

マイナス14℃の早朝の阿寒湖を散歩

集合時間は朝6時20分。この日は北海道に寒波が来ていて、12月中旬にしては厳しい寒さとなりました。気温はマイナス14℃!!空気が澄み渡りとても清々しかったです。岸辺には氷が張っていましたが、奥の方は水面から立ち上る「蒸気霧」が見られました。北海道弁では、この現象を「けあらし」と呼びます。

写真ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、この「けあらし」に包まれた阿寒湖は、静かでとても美しい風景でした。天気が良ければ、オレンジ色に輝く朝陽と雄阿寒岳がきれいに見えるそうですよ。晴れた日の風景もよいですが、霧の阿寒湖は、うっすらと黄金色の光がさしていて、とても素敵でした(写真が上手く撮れていなくてすみません!!)。

さまざまな氷のアートに感動!

このツアーでとても印象的だったのは、想像以上にたくさんの氷のアートが見られたこと。まず、阿寒湖といえば有名なのが「フロストフラワー(写真左下)」。蒸気が凍り霜の花になる現象です。手のひらくらいの大きさに成長することもあるのですよ。私が見たのは小さなフロストフラワーでしたが、とてもきれいな結晶を間近で見ることができました。

最も感動したのが葦の根元に着いた氷の玉。下の中央にある写真です。葦についた水が凍ってできたもののようです。キラキラと光る丸い氷の玉がとても愛らしかったです。右下の写真は、湖の水が凍って自然の模様をつくっていました。とてもきれいだったので写真をパチリ。この氷の模様に名前がついているのかどうかは分かりません。。。氷がこんなにたくさんの造形を生むことをはじめて知りました。まさにアイスアート!!冬の阿寒湖には、たくさんの見どころがありましたよ。

ヨーロッパのような風景

写真は散策中に見た風景です。ヨーロッパの湖畔に来たような愁いのある景色が広がっていました。余談ですが、私の頭の中ではエンヤ(アイルランドの歌姫)の曲がずっと流れ(笑)、しばらくこの景色に浸っていたい気分になりました。これがひがし北海道の冬。まだまだ見たことのない景色がたくさんあるんだな、と思いました。

あたたかいコーヒーでほっと一息

ツアーの終盤は、湖畔であたたかいコーヒーをいただきます。冷えた体においしいコーヒーが沁み渡ります。しかもお菓子付き!!一緒に参加した人は「今まで飲んだ中で一番美味しいコーヒーだ」と言っていました。本当においしかったです。
ツアーの時間は1時間30分ほど。冬だけにしか見ることのできない阿寒湖の早朝の世界。知らなかった世界に誘ってくれる素敵なツアーでした。12月から3月末まで開催されていますので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

鶴雅アドベンチャーベース SIRI (つるがあどべんちゃーべーすしり)

所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6-10 あかん湖鶴雅ウイングス
電話:0154-65-6276
集合時間:AM5:40〜AM6:20
交通:阿寒湖バスターミナルから徒歩10分
HP:https://tsuruga-adventure.com

■過去の記事

エゾマツとトドマツ

本日は北海道の松のお話をお届けします!縁起が良い樹として知られている松。一年中葉がつく「常緑樹」のため、不老不死や長寿を象徴となっています。正月は終わりましたが

Read More »