ひがし北海道(道東・北海道の東側)を旅する女子のための観光情報発信サイト | 北海道の新しい旅のかたち ひがし北海道スタイル # 女子旅

伝統あるアイヌ文化に触れる フォトジェニックでアートな旅

公開:2019年3月7日
近年、若い世代を中心に注目が集まっている「アイヌ文化」。そのアイヌ文化に触れられる場所が、阿寒湖エリアにはたくさんある。異国な雰囲気を感じるアイヌコタンや最新技術と伝統が融合したアーティスティックなショーなど、見所がたくさん。SNS映えするような、おしゃれでかっこいいアートな旅をしたい人は必見だ。

見所がたくさん!
アイヌコタンでお写んぽ

アイヌの人々が暮らす北海道最大級の集落(コタン)。民芸品店や飲食店などのお店が30軒ほど集まる。木彫りの作品やアクセサリー、アイヌ料理を味わえるお店などが揃うほか、古式舞踊・イオマンテの火まつり公演、新作「ロストカムイ」デジタルアート作品などが上演され、見所がたくさんだ。また異国な雰囲気を感じる建物やオブジェなどがあり、写真を撮りながらの散歩も楽しそうだ。

阿寒湖アイヌコタン

●あかんこあいぬこたん
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-84
電話:0154-67-2727(阿寒アイヌ工芸協同組合)
時間:9:00〜22:00(施設・店舗により異なる)
休業日:不定休
アクセス:阿寒湖バスターミナルから徒歩10分
(上)歩くだけでも楽しい町並
(左下)異国な雰囲気を感じる建物
(右下)フォト映えする建物がたくさん
(上)新演目『阿寒ユーカラ「ロストカムイ」』
(左)アイヌ民族舞踊専用の劇場は国内でここだけ。

最新技術と伝統の融合!
アイヌ文化の世界観を体験

アイヌコタンにある「アイヌシアターイコロ」で、2019年3月19日より最新テクノロジーを用いた『阿寒ユーカラ「ロストカムイ」』を毎日上映している。「アイヌとエゾオオカミの共生」をテーマとした物語で、デジタルアートとアイヌ古式舞踊が融合した演出が見どころだ。アイヌの人々が継承してきた歌や踊りなどの伝統文化を知り、普段見ることのできないアイヌ文化の世界観に浸ってみよう。

阿寒湖アイヌシアターイコロ

●あかんこあいぬしあたーいころ
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-5-84
電話:0154-67-2727(阿寒アイヌ工芸共同組合)
時間:9:00〜21:00(公演により異なる、要問い合わせ)
休業日:公演により異なる
アクセス:阿寒湖バスセンターから徒歩10分

神秘的な世界へ!
音と光のナイトウォーク

豊かな自然が広がる阿寒湖の夜の森で、最新デジタルアートを用いた体験型アートパフォーマンス「阿寒湖の森ナイトウォーク”カムイルミナ”」が2019年7月に公開される。真っ暗な森の中を歩き、樹々に映し出される美しい映像を見ながら、神秘的な世界が体験できる。五感をフルに使った新しいパフォーマンスショーだ。自然との共生の大切さを伝える物語に誰もが魅了されること間違いなし。

阿寒湖の森ナイトウォーク”カムイルミナ”

●あかんこのもりないとうぉーくかむいるみな
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉5(阿寒観光汽船「マリモの里桟橋」ルミナチケットブース前)
電話:0154-67-3200(阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社 )
時間:7月5日~11月10日、日没30分後からスタート(所要時間約60分)
休業日:期間中無休
料金:入場料 3000円(前売割引あり)
アクセス:阿寒湖バスターミナルから徒歩5分
国立公園内での開催は世界で初めて。

カナダのデジタルアート集団

「モーメントファクトリー」が制作

NOVA LUMINA(カナダ・ケベック州チャンドラ/2016〜)©️MOMENT FACTORY
(上)「イオマプ」とはアイヌ語で 「あなたの周りにあること全てを大切する」という意味
(左)美しい花のドレスを着ているように見えるドレスガーデン

野生の草花が咲く
フォトジェニックガーデン

阿寒湖畔にあるホテル「あかん湖鶴雅ウイングス」の中庭に、2018年8月にオープンしたガーデン「阿寒イオマプの庭」。野生の草花が咲き誇るドレスガーデンやアイヌ文様のカムイ・ニーが印象的だ。宿泊者のみならず誰もが利用できる入場料無料のアートスポット。また夜は「プロジェクションマッピング」が行われ、昼間とは違った雰囲気が感じられる。

阿寒イオマプの庭

●あかんいおまぷのにわ
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-6-10
電話:0154-67-4000
時間:7:00~22:00
休業日:年中無休
アクセス:阿寒湖バスターミナルから徒歩10分

-column-

早朝遊覧でアイヌの伝説や歌を楽しむ

朝6時に運行される第1便の「早朝遊覧」では、アイヌの語り部が付く特別遊覧が楽しめる。アイヌに語り継がれる伝説や民謡が聞けるほかに、伝統楽器のムックリやトンコリの演奏が楽しめる。いつもより早く起きて、特別な朝を遊覧船で迎えよう。

阿寒観光汽船

住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-20  電話:0154-67-2511  時間:5〜11月の6:00  休業日:期間中無休  料金:乗船料 1590円  アクセス:阿寒湖バスセンターから徒歩5分

マリモ展示観察センター

時間:4月下旬〜11月下旬の6:00〜18:00  休業日:期間中無休 料金:入場料 410円
※掲載の内容は2019年1〜2月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

ひがし北海道エリアの
着地型ツアー&体験予約

ひがし北海道自然美への道DMOが運営する「ひがし北海道トラベルラボ」では、各エリアでの移動・宿泊・体験などがセットになった現地ツアーや、エリアならではの体験が予約できます。
https://easthokkaido.com

■おすすめの観光スポット

まりもの手湯

阿寒湖温泉街の民芸店の隣にある手湯。まりもの形をかたどったオブジェが置かれた、岩造りの小さな浴槽から、温泉が湧き出ている。気軽に阿寒湖温泉の湯を楽しめるスポット

Read More »

奈辺久

阿寒湖湖畔にある老舗の郷土料理店。温泉街のほぼ真ん中にあり、気軽に立ち寄りやすい立地。人気は「姫鱒刺身定食(5~7月上旬)」(1620円)や、「わかさぎてんぷら

Read More »

阿寒ネイチャーセンター

阿寒摩周国立公園の自然の素晴らしさを肌で感じられる、アウトドアのメニューを多数用意。原始的な森が迫る阿寒湖の湖岸をツーリングする「阿寒湖カヌーアドベンチャーコー

Read More »

弁慶の足湯

ボッケ遊歩道沿いの途中にある足湯。阿寒湖沿いにあるので湖を眺めながら、湯に浸かれる。かつて弁慶が足を休めた湯だということからこの名がつけられた。自由に利用可能な

Read More »

まりも湯

阿寒湖温泉街の東にある地元の人にも観光客にも人気の共同湯。源泉100%のかけ流しの湯を銭湯価格で楽しめるのが魅力。マリモの形をかたどったエンジュの木が浴槽の端に

Read More »

民芸喫茶 ポロンノ

アイヌの人々の郷土料理を提供する「民芸喫茶 ポロンノ」。高タンパク低カロリーなエゾシカ肉を使用した「ユック(シカ肉)丼」や、シカ肉と山菜を使った「オハウ(汁物)

Read More »

Pan de Pan

赤色で統一された内装がスタイリッシュな町のベーカリー。菓子パンや惣菜パンなどの焼きたてパンから、阿寒湖の自然をモチーフとしたこだわりスイーツなど品揃えが豊富なこ

Read More »
メニューを閉じる