ひがし北海道(道東・北海道の東側)を旅する女子のための観光情報発信サイト | 北海道の新しい旅のかたち ひがし北海道スタイル # 女子旅

豊かな森と湖が魅力!自然の神秘を感じる旅

公開:2019年3月6日
国の特別天然記念物「マリモ」を育む豊かな森と湖が魅力の「阿寒湖エリア」。丸々とした美しい形のマリモや阿寒湖の大自然を間近で見られる遊覧船に、壮大な景色が眺められる展望台など、四季や時間によって見る人を魅了する自然がたくさん。ひがし北海道らしい美しい大自然を心ゆくまで楽しんでみては?

まんまるかわいい
マリモを観察

阿寒湖の大自然が間近で眺められる遊覧船。湖畔の桟橋から出航し、途中マリモ展示観察センターのあるチュウルイ島に寄り、国の特別天然記念物である「マリモ」を観察できる。マリモは、淡水で生息する緑藻の一種。中でも阿寒湖のマリモは大型で形が美しく世界的にも大変貴重だとか。所要時間は1時間半ほど。一味違う、船の旅を楽しんでみては?

阿寒観光汽船

●あかんかんこうきせん
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-20  電話:0154-67-2511  時間:5〜11月の6:00〜18:00(時季により異なる、1日8〜11便)  休業日:期間中無休  料金:乗船料 1590円  アクセス:阿寒湖バスセンターから徒歩5分

マリモ展示観察センター

●まりもてんじかんさつせんたー
時間:4月下旬〜11月下旬の6:00〜18:00  休業日:期間中無休  料金:入場料 410円
(上)大スケールの雄阿寒岳や雌阿寒岳が見られる
(左下)揺れがなく、ゆったりとした時を過ごせる(右下)マリモを間近で観察できる

早く起きた朝の
森林セラピー

朝の光が綺麗な阿寒湖温泉。よく晴れた朝はいつもより早く起きて、美しい自然の中を散歩するのがおすすめ。普段、森林浴はあんまりという人も、温泉街から徒歩数分の場所にある森「ボッケ遊歩道」でなら、思いっきりリフレッシュできるはず。また、火山ガスにより泥と水が地中から噴出している泥火山「ボッケ」は見所だ。自然が持つエネルギーをカラダ全身で感じてみて。大きく深呼吸してみよう。

ボッケ遊歩道

●ぼっけゆうほどう
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1-1
電話:0154-67-4100
時間:散策自由
アクセス:阿寒湖バスセンターから徒歩6分
(上)コースは2種類(左下)水面のリフレクションが美しい
(右下)「ボッケ」とはアイヌ語で煮立つという意味

時間や季節で

色が変化する神秘な湖

北海道三大秘湖の一つで、五色沼と呼ばれている「オンネトー」。季節や時間、場所、見る角度などで色が5色に変化することから、そのように呼ばれている。色が変化してみえる理由は、はっきりとは解明されていなく神秘の湖として、多くの人を魅了している。天気が良ければ、展望デッキから雌阿寒岳と阿寒富士が見られる。無料の駐車場もあるので気軽に見学しやすい。

オンネトー

●おんねとー
住所:足寄町茂足寄
電話:0156-25-6131(あしょろ観光協会)
時間:見学自由
休業日:冬季間見学不可
アクセス:阿寒湖バスターミナルから車で30分
(上)ブルーのグラデーションが美しい
(左下)名前はアイヌ語で「老いた・大きな沼」という意味
(右下)散策コースがいくつかある

ドライブ途中に寄りたい

絶景展望台

阿寒横断道路の途中にある、雄阿寒岳と雌阿寒岳を一望できるフォトスポット「双岳台」。ダイナミックなパノラマビューを楽しめる。また双岳台から車で5分ほどのところにある「双湖台」からは、雄阿寒岳の噴火により阿寒湖から分断されたパンケトーとペンケトーが見られる。駐車場はどちらも無料なので、ドライブ途中にぜひ、立ち寄ってみよう。

双岳台

●そうがくだい
住所:釧路市阿寒町国有林2123林班  電話:0154-67-3200(阿寒観光協会)  時間:見学自由  アクセス:阿寒湖バスセンターから車で20分

双湖台

●そうこだい
住所:釧路市阿寒町国有林2123林班  電話:0154-67-3200(阿寒観光協会)  時間:5月下旬〜10月下旬、見学自由  アクセス:阿寒湖バスセンターから車で15分
(上)双岳台(左下)雌阿寒岳と雄阿寒岳をバックに写真が撮れる
(右下)双湖台

-column-

アイヌ文化に触れよう!
阿寒湖温泉のイベント

千本タイマツ

国の特別天然記念物「マリモ」を育む阿寒湖の自然を大切に護り続けたいという願いから開催されるイベント。アイヌ民族の火の神「アペカムイ」と北の大地に、感謝のタイマツを捧げながら、阿寒湖温泉街からアイヌコタンへと行進する。行進は誰でも無料で参加できる。
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉  電話:0154-67-3200(阿寒観光協会)  期間:9月1日〜10月31日

まりも祭り

アイヌの人々が湖の神々に許しを請う儀式としてはじめた、毎年10月に行われる阿寒湖のマリモを保護する目的のイベント。阿寒湖に丸木舟を浮かべ、マリモを迎える儀式やマリモを護る儀式、マリモを送る儀式などが行われる。人々のマリモを守りたいという思いで、祭りが続けられている。
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉  電話:0154-67-3200(阿寒観光協会)  期間:10月8・9・10日
※掲載の内容は2019年1〜2月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

ひがし北海道エリアの
着地型ツアー&体験予約

ひがし北海道自然美への道DMOが運営する「ひがし北海道トラベルラボ」では、各エリアでの移動・宿泊・体験などがセットになった現地ツアーや、エリアならではの体験が予約できます。
https://easthokkaido.com

■おすすめの観光スポット

まりもの手湯

阿寒湖温泉街の民芸店の隣にある手湯。まりもの形をかたどったオブジェが置かれた、岩造りの小さな浴槽から、温泉が湧き出ている。気軽に阿寒湖温泉の湯を楽しめるスポット

Read More »

奈辺久

阿寒湖湖畔にある老舗の郷土料理店。温泉街のほぼ真ん中にあり、気軽に立ち寄りやすい立地。人気は「姫鱒刺身定食(5~7月上旬)」(1620円)や、「わかさぎてんぷら

Read More »

阿寒ネイチャーセンター

阿寒摩周国立公園の自然の素晴らしさを肌で感じられる、アウトドアのメニューを多数用意。原始的な森が迫る阿寒湖の湖岸をツーリングする「阿寒湖カヌーアドベンチャーコー

Read More »

弁慶の足湯

ボッケ遊歩道沿いの途中にある足湯。阿寒湖沿いにあるので湖を眺めながら、湯に浸かれる。かつて弁慶が足を休めた湯だということからこの名がつけられた。自由に利用可能な

Read More »

まりも湯

阿寒湖温泉街の東にある地元の人にも観光客にも人気の共同湯。源泉100%のかけ流しの湯を銭湯価格で楽しめるのが魅力。マリモの形をかたどったエンジュの木が浴槽の端に

Read More »

民芸喫茶 ポロンノ

アイヌの人々の郷土料理を提供する「民芸喫茶 ポロンノ」。高タンパク低カロリーなエゾシカ肉を使用した「ユック(シカ肉)丼」や、シカ肉と山菜を使った「オハウ(汁物)

Read More »

Pan de Pan

赤色で統一された内装がスタイリッシュな町のベーカリー。菓子パンや惣菜パンなどの焼きたてパンから、阿寒湖の自然をモチーフとしたこだわりスイーツなど品揃えが豊富なこ

Read More »
メニューを閉じる