ひがし北海道(道東・北海道の東側)を旅する女子のための観光情報発信サイト | 北海道の新しい旅のかたち ひがし北海道スタイル # 女子旅

スポットも!グルメも!天都山周辺であそぼう!

公開:2018年12月28日
網走の定番スポットや、おしゃれで可愛いカフェ、おいしいスイーツなど、網走のおすすめスポットが点在する天都山エリア。女子が大好きなかわいいものからSNS映えフォトスポット、ユニークなものまでなんでもご紹介!お気に入りのスポットを見つけてみて。

五感を使って楽しめるユニークな博物館

DSC_6219

博物館 網走監獄

●はくぶつかんあばしりかんごく
明治時代から実際に使用されていた網走刑務所の建築物群を移築、復原した野外歴史博物館。当時の囚人の気分を味わえる体験コーナーや館内の解説員による無料ガイドツアー、120年以上前にあった網走〜旭川間の中央道路開削工事現場を映像で再現した体感シアターなど見所がたくさん。また館内のいたるところにいるリアルな人形からは、当時の様子がうかがえる。旅の思い出に人形と一緒に、写真を撮るのもいいかも。
住所:網走市字呼人1-1
電話番号:0152-45-2411
営業時間:5〜9月は8:30〜18:00、10〜4月は9:00〜17:00
定休日:年中無休
料金:大人1080円、大学・高校生750円、小・中学生540円
アクセス:JR網走駅から車で7分
駐車場:412台

-column-

かわいいがたくさん! 網走産グッズ

網走には網走でしか手に入らない、かわいらしいグッズがたくさんです。また、その多くが網走市内で一つ一つ丁寧に手作業で作られており、全く同じものは一つとしてありません。大切な誰かへの幸福を願って、お守りとしてプレゼントするのも、網走旅行のおみやげとしてもおすすめです。思いのこもった優しい手作り品をぜひ、手にとってみてください。

ニポポ人形

ニポポとは、樺太アイヌの人々の言葉で「小さな木の子供」という意味を表す。「幸運のお守り」として一つ一つ丁寧に手作りされている。

セワポロロ

北方民族ウィルタ族によって造られたものを元に作られた木彫りの人形。親指サイズの小さいものある。幸運を呼ぶお守り。

モヨロ貝塚オリジナル
コーヒーカップ

かつてオホーツク人が暮らししていた「モヨロ貝塚」という遺跡で発見された「モヨロ土器」をモチーフに作られたコーヒーカップ。オホーツク近郊で採取した粘土で作られている。

流氷硝子 クリオネ

廃棄された蛍光灯から生まれ変わったガラス「エコピリカ」で製作された「クリオネ」。色も形も同じものは一つとしてない。透き通った綺麗なピンク色が魅力的。

オホーツクの冬を体験!流氷に見て、ふれて、楽しもう

DSC_6502

オホーツク流氷館

●おほーつくりゅうひょうかん
流氷とオホーツク海の生き物をテーマとしたミュージアム。北海道最大級の常設プロジェクションマッピングや、大迫力の5面シアターが楽しめるほか、「クリオネ」を間近で見られる。また、マイナス15度の世界を体感できる流氷体感テラスでは、本物の流氷に触れて見て楽しめる。濡れタオルを使った「しばれ体験」は大人気。ぜひ挑戦してみよう。さらに展望台からは、360度パノラマの一面に広がる絶景を楽しめる。
住所:網走市天都山244-3
電話番号:0152-43-5951
営業時間:5〜10月は8:30〜18:00、11〜4月は9:00〜16:30
定休日:年中無休
料金:大人750円、高校生640円、小・中学生540円 (1・2階の施設は入場無料)
アクセス:JR網走駅から車で8分
駐車場:150台

絶景が眺められる山の中にある隠れ家カフェ

DSC_9264

CAFE LODGE

●かふぇろっじ
JR呼人駅から車で5分ほどの場所に位置する山小屋隠れ家カフェ。パスタやピザなどの食事メニューからスイーツなどの軽食も揃う。なかでも、ここでしか味わえないオリジナルブレンドコーヒーは、自慢の一品だ。また店内にある店主が集めたおしゃれな雑貨やインテリアは、写真に収めたくなること間違いなし。またカフェの隣に、アウトドアショップを併設しているので、食後に見るのも◎。天気のいい日は、網走湖が眺められるテラス席で、ぜひ食事を楽しんでみて。
住所:網走市呼人122-11
電話番号:0152-48-3773
営業時間:11:00~15:30(夜間4名より予約可)
定休日:水曜(水曜が祝日の場合は翌日休)
アクセス:JR呼人駅から車で5分
駐車場:15台

網走に来たら立ち寄りたい絶品ジェラート

DSC_3308

Rimo

●りも
2017年秋のジェラートの国際大会で優勝した高田聡さんが店長を務めるジェラート専門店。地元の契約酪農家から届く搾りたての牛乳をベースとした口どけなめらかなジェラートが味わえる。地元の旬野菜や果物もふんだんに取り入れ、素材にもこだわったジェラートのフレーバーは、季節限定も含めると60種類以上とのこと。本場イタリア仕込みの職人が作る絶品ジェラートは、絶対に食べたいスイーツのひとつ。ランチ後のデザートに立ち寄ろう。
住所:網走市字呼人418
電話番号:0152-48-3053
営業時間:10:00~18:00 (夏季最長)、10:00~16:00 (冬季最短)
※在庫状況等により、予告なく時間変更になる場合あり
定休日:不定休(冬季は水曜休)
アクセス:JR呼人駅から車ですぐ
駐車場:20台

-column-

まだある天都山おすすめスポット!

網走天都山には、おすすめな観光スポットやグルメスポットがまだまだ、たくさん! 小腹が空いたときに立ち寄りたい、おしゃれカフェや景色が綺麗なレストランのほか、リスと急接近できる公園や色取り取りの花畑が眺められる穴場公園など、女子が大好きなものをどどっと詰め込みました。お気に入りのスポットを見つけて、自分らしい旅を過ごそう!

café & cake 風花

北海道の原料にこだわるスイーツ専門店。網走産の低殺菌牛乳と北海道産の生みたて卵を使った「網走プリン」は、何度も食べたくなるクリーミーな味わい。
DSC_6422

cafe & restaurant 360

オホーツク流氷館の2階にあるカフェ・レストラン。一面ガラス張りのおしゃれな店内からは、絶景が眺められる。地元素材を使った食事が楽しめる。
DSCN0249

そば切り温

オホーツク産玄そばを使用した十割手打ちそばが食べられる。石臼で自家製粉した、そばは絶品。北海道産の食材を使った、かき揚げやカキ天ぷらもおすすめ。

オホーツクシマリス公園

手渡しで、シマリスに餌付けができる。入園時にもらえるヒマワリの種を手に乗せると、リスの方から近づいてきてくれる。もぐもぐタイムはカメラ必須。
DSC_3258

フロックス公園

呼人地区の丘陵地約10haの敷地に、約15万株のフロックスが咲き誇る公園。ピンクや白の美しいフロックスが楽しめる。8月中旬が見頃。

フラワーガーデン はな・てんと

鮮やかでカラフルな約4万2000株の花々が楽しめるフラワーガーデン。山頂のロッジからは知床連山やオホーツク海、網走湖が一望できる。8〜9月が見頃。
※掲載の内容は2018年12月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。

ひがし北海道エリアの
着地型ツアー&体験予約

ひがし北海道自然美への道DMOが運営する「ひがし北海道トラベルラボ」では、各エリアでの移動・宿泊・体験などがセットになった現地ツアーや、エリアならではの体験が予約できます。
https://easthokkaido.com

■おすすめの観光スポット

そば切り 温

森の中に佇むお蕎麦屋さん。昭和30年代をイメージして作り上げたというレトロな雰囲気の店内には優しい光が差し込み、解放的な空間が広がっている。オホーツク産の玄そば

Read More »

食堂manma

オホーツク・文化交流施設の1階にある「食堂manma(マンマ)」。全面ガラス張りの窓から温かい日差しが射し込む、明るい店内が印象的。地場産の素材を使った手作りの

Read More »

小清水ツーリストセンター

ラムサール条約登録湿地となっている濤沸(とうふつ)湖の隣、JR浜小清水駅の目の前にできた複合施設。町の観光・産業の情報を発信する「ビジターセンター」とアウトドア

Read More »

Connectrip(コネクトリップ)

網走で産業を営む人々とのふれあいや体験ツアーを通して新しい旅のあり方を提供する「Connectrip(コネクトリップ)」。知床連邦を望む小麦畑の散策や地元産の素

Read More »

網走国定公園小清水原生花園

オホーツク海と濤沸(とうふつ)湖に挟まれた約8km(275ha)の細長い丘陵地帯。クロユリの花がオホーツクの短い夏の到来を告げると、濤沸湖の湖畔にセンダイハギや

Read More »

北海道立北方民族博物館

北方民族博物館は、グリーンランドから北欧までアイヌ文化を含めた北方民族の文化とオホーツク文化を紹介する国内唯一の博物館。常設展示室には、900点を超える貴重な資

Read More »

寿し安

オホーツク海のネタにこだわり、鮮度の高い上質な魚介類を使用した寿司を提供する老舗店。看板メニューは網走の旬をたっぷり味わうことができる「オホーツク寿司(3300

Read More »
メニューを閉じる