ひがし北海道(道東・北海道の東側)を旅する女子のための観光情報発信サイト | 北海道の新しい旅のかたち ひがし北海道スタイル # 女子旅
1417362aa9c5bbea6b3022f3be8ef3f4.png
美しい湖にカラフルな花々。どこまでも続きそうな広く長い道とどこか懐かしさを感じる田園風景。穏やかで丁寧な暮らしをする人々。そこは、まさに北欧のような雰囲気。そんな豊かな自然とつながるまち「網走」で、ゆるりとしたひとときを過ごしませんか?

ファームランドを巡る旅
−女満別空港発 網走・
2泊3日モデルプラン−

まるで北欧。
のどかな景色が広がる
網走を訪ねて

網走のファームランドを巡る旅
のポイント

眺めの良い絶景スポット

網走には、見晴らしのよい絶景スポットがたくさんあります。空が高く広く見えるパノラマ風景や絵になる丘や花畑、麦畑など見所がたくさんです。
3082-e1564541972880.png

地元食材の絶品料理

網走には地元産の素材をふんだんに使ったランチやディナーが味わえるお店がたくさん。太陽の恵みで育つ栄養たっぷりな野菜が、とっても美味しい。
48384083_1045936902275084_4402464121191137280_n.jpg

ここだけの特別体験

満点の夜空が見られるナイトツアーや地域の人々との繋がりを体験できるアクティビティなど、網走ならではな体験ができます。
bfb77ab245c9a08b96e099a34075d88c.jpg

1日目

女満別空港から丘陵地帯を抜けて網走へ

13:00
 空が広く感じる、
幻想的な景色に出会う

3087.jpg
HH_311-e1563937444663.jpg

メルヘンの丘

女満別空港から網走へ向かう道を走ること約10分。国道39号線沿いに、目を奪われるような美しい田園風景が広がっています。それが「メルヘンの丘」です。見晴らしのよい眺めが、季節を問わず絵になると長いことフォトスポットとして人気を集めています。景色に溶け込むかのように並ぶ7本のカラマツの木と畑が印象的です。広く感じる澄んだ空と広々とした畑はここでしか見られない景色そのもの。
所在地:大空町女満別昭和
電話:0152-44-5849(網走市観光協会)
時間:見学自由
交通:女満別空港から車で25分

14:00
 ぬくもりある店内でいただく、
店自慢の十割手打ちそば

DSC_9247-e1564457516990.jpg
DSC_9259-e1564457529276.jpg

そば切り 温

森の中を進むと、隠れ家のようにひっそりと佇む一軒家の蕎麦屋が見えて来ます。「そば切り 温」です。店主自らで手作りされた昭和レトロな店内は、優しい光が入る解放的な空間。オホーツク産の玄そばを石臼で丁寧に自家製粉し作る手打ちそばは、香りもよく味も美味。北海道産の地域素材を使ったかき揚げや牡蠣の天ぷらもまたおすすめです。
所在地:網走市字呼人190-1
電話: 0152-48-3470
時間:11:30〜17:00(そばがなくなった場合は、1〜2時間の中休みあり)
定休日:月・金曜(ただし祝日の場合は営業)
交通:JR網走駅から車で15分

18:00
 夜の繁華街で、
季節のディナーを味わう

DSC_1832-e1547801717102.jpg
DSC_1939-e1562202627522.jpg

夜グルメ

網走駅から徒歩10分ほどの場所に位置する網走繁華街には、夜遅くまで営業している飲食店がたくさんです。地酒や地元で採れた新鮮な食材を使った料理が豊富で、心もお腹も満腹に。心ゆくまで味わいましょう。また秋には網走の飲食店を食べ飲み歩きできるイベント「網走バル」も開催されます。網走バルだけの特別メニューを出すお店もあるので、お得なチケットを買って効率よく回りましょう。

20:00
 ここだけの特別な夜を体験する

bfb77ab245c9a08b96e099a34075d88c.jpg

網走ナイトウォッチング

網走の街を少し離れると、満点に広がる星空や夜の野生動物との出会いがあることを知っていますか? 都会では味わえない静かな夜の神秘を探しに行きましょう。耳をすませましょう。ここにしかない出会いがあります。
時間:20:00〜21:30(定員5名まで) 料金:23000円〜(一人参加の場合は1000円追加) ※荒天の場合ガイドの判断で中止あり
12c11a6b4a07c436998466996bf6320b.jpg

丸太トーチでナイトキャンプ

森の中で「スウェディッシュトーチ」と呼ばれる丸太を一本使った、おしゃれな焚き火が体験できます。串に刺して焼けるものなら持ち込みも自由なので、串焼きマシュマロなどの簡単料理も楽しめます。(宿泊はしません)
時間:20:00〜21:30(定員5名まで) 料金:3000円〜(一人参加の場合は1000円追加)※荒天の場合ガイドの判断で中止あり
025cd672c8666fe1b470560293c46c8e.jpg

ヨル・ソト・コーヒーの会

夜に最高な一杯を嗜む、優雅に過ごしたい大人のためのナイトツアー。自分のために淹れた珈琲を手に、美しい星空やキャンドルの炎を見つめて過ごす穏やかな夜のひと時。いつもとは一味違うコーヒードリップを体験しませんか?
時間:20:00〜21:30(定員2名まで) 料金:4000円〜(一人参加の場合は1000円追加) ※荒天の場合ガイドの判断で中止あり

NORTHERN LIFE BASE mökki

網走駅から車で10分ほどの場所に小さな山小屋のようなお店「NORTHERN LIFE BASE mökki(ノーザンライフベースモッキ)」があります。「北の暮らしをもっと楽しく」をコンセプトに、北欧雑貨の販売とアウトドア体験プログラムを行うそのお店には、フィンランドやスウェーデンなどの北欧を中心とした輸入雑貨のほか、地元網走周辺で活躍する作家の作品が揃っています。またアウトドア体験は、トレッキングなどの日中プログラムからナイトツアーなど、幅広く提供しています。
3f2d173ce81dd1450bd8ddeb7fc90740.jpg
所在地:網走市字大曲62-46  電話:090-2055-2661  時間:10:00〜17:00  定休日:水曜  交通:JR網走駅から車で10分

[COLUMN]
網走での宿泊のポイント!

網走に宿泊するなら、網走駅前近くにあるビジネスホテルがおすすめ。
ホテルの中には天然温泉も併設しているところもあり、ホテルに帰ったあともゆっくりできます。
またホテルから近い距離には繁華街もあるので、夜遅くまで遊ぶこともできます。

2日目

アクティビティとのんびりランチ

9:00
 地域と旅人とがつながる、
とっておき体験

Connectrip

網走で産業を営む人々とのふれあいや体験ツアーを通して新しい旅のあり方を提供する「Connectrip(コネクトリップ)」。知床連邦を望む小麦畑の散策や地元産の素材を使った本格ピザづくり、サイクリングや果物狩り、網走湖カヌーや野菜の収穫体験など、様々な体験ツアーを用意しており四季に応じた体験ができることもまた魅力の一つです。また店内には観光パンフレットや網走産はちみつ、新鮮野菜なども揃っています。
所在地:網走市字呼人812-2
電話:050-1099-3708
時間: 9:00〜16:00 
定休日:不定休
料金:ツアー、体験メニューによって異なる
交通: JR網走駅から車で15分

13:00
 地場食材で作るヘルシー料理で、
ほっこりランチ

48384083_1045936902275084_4402464121191137280_n.jpg
64676031_1163816133820493_6298458591988809728_n.jpg

食堂manma

オホーツク・文化交流施設の1階にある「食堂manma(マンマ)」。全面ガラス張りの温かい日差しが入る明るい店内が印象的です。地場産の素材を使った手作りの月替わりメニューが美味しいと人気で、丼やサンドイッチ、スイーツなどのメニューが味わえます。特に、自家精米のご飯、鮭節・羅臼昆布出汁のお味噌汁、サラダ、小鉢、漬物がつく「膳」がおすすめです。ボリュームたっぷりなのに、野菜が豊富でヘルシーなのが嬉しいポイント。
所在地:網走市北2条西3-3 オホーツク文化交流センター 1F
電話:0152-61-4828
時間:11:00~16:30(L.O. 16:00)
定休日:第1・3・5月曜、年末年始はオホーツク文化交流センターの休館日に準ずる
交通:JR網走駅より車で5分

15:00
 おみやげにも買いたい、
地球に優しい流氷硝子

ガラス製作体験

色や形、模様などを組み合わせて、自分オリジナルのガラス作品を作る「吹きガラス体験」や「アクセサリー組み立て体験」、好みのデザインを彫り込む「サンブラスト体験」などができます(要予約)。
時間:10:00〜11:30/13:00〜16:00(受付時間)
料金:1430円〜(体験内容によって異なる)

ショップ

廃棄された蛍光灯からリサイクルしたガラス「エコピリカ」で製作された流氷硝子を販売しています。一つ一つが職人によって作られる一点もの。可愛らしいグラスやアクセサリーは、おみやげにもおすすめです。

シーニックカフェ・帽子岩

流氷硝子館に併設したカフェ。可愛らしい流氷硝子の器で、コーヒーやパフェ、ケーキなどの軽食がいただけます。隣には硝子工房が併設されており、窓越しにガラス製作の様子が眺められます。
時間:10:00〜16:30
定休日:水曜、不定休あり

流氷硝子館

JR網走駅より車で10分のところに位置する「流氷硝子館」。流氷硝子で作られたグラスやアクセサリーが購入できるのはもちろん、ガラス製作体験やカフェなども充実しています。
所在地:網走市南4条東6-2-1  電話:0152-43-3480  時間:10:00〜17:00(カフェは〜16:30)  定休日:水曜、不定休あり  交通:JR網走駅から車で5分

20:00
 シックなバーで、しっぽりカクテル

a76641b85865ebefba5c355a30a54ad3-e1565235860298.jpg
DSC_2763-e1564457469444.jpg

スコッチバージアス

1990年オープンのオーセンティックバー「スコッチバージアス」。スタンダードカクテルはもちろん、地元産のマタタビを使ったフローズンカクテルや果物を使ったフレッシュフルーツなど様々なカクテルを用意。また、本物の流氷を使ったオリジナルカクテル「プラネットオブブルー」が味わえることでも知られています。ウイスキーをはじめとする世界の銘酒は500種類以上常時ストックされています。
所在地:網走市南3条西2丁目第2ツカサビル 1F
電話:0152-43-5939
時間:19:00〜27:00(日曜・祝日〜24:00)
定休日:不定休
料金:チャージ1500円
交通:網走駅から徒歩で10分

3日目

のどかな田園風景をめぐる

10:00
 まさにカントリーロード、
どこか懐かしい田園風景

感動の径

網走市街地から天都山などを巡り、雄大な絶景が広がる道を駆け抜ける「感動の径(みち)」。ドライブコースやサイクリングコースとしても人気があり、どこまでも続くようなまっすぐな直線道路からは、黄金色の麦畑や可憐な白い花が風に揺れるじゃがいも畑など、絵になるような田園風景が眺められます。また知床連山が眺められるパーキングスポットもあり、四季によって全く異なる景色に出会えます。
所在地:網走市豊郷
電話: 0152-46-6111(網走市観光協会)
時間:見学自由
交通:JR網走駅から車で15分

[COLUMN]
網走でのレンタサイクル

道の駅流氷街道網走にあるレンタサイクルで、自転車の貸し出しを行っています。
自転車はマウンテンバイクやシティバイクの他に、クロスバイクや電動自転車なども用意。
車や徒歩とは異なった自転車の旅を楽しんでみるのもいいかもしれません。
※掲載の内容は2019年7〜8月現在のものです。内容が変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
※写真の一部はイメージです。ご了承ください。

ひがし北海道エリアの
着地型ツアー&体験予約

ひがし北海道自然美への道DMOが運営する「ひがし北海道トラベルラボ」では、各エリアでの移動・宿泊・体験などがセットになった現地ツアーや、エリアならではの体験が予約できます。
https://easthokkaido.com

■おすすめの観光スポット

そば切り 温

森の中に佇むお蕎麦屋さん。昭和30年代をイメージして作り上げたというレトロな雰囲気の店内には優しい光が差し込み、解放的な空間が広がっている。オホーツク産の玄そば

Read More »

食堂manma

オホーツク・文化交流施設の1階にある「食堂manma(マンマ)」。全面ガラス張りの窓から温かい日差しが射し込む、明るい店内が印象的。地場産の素材を使った手作りの

Read More »

小清水ツーリストセンター

ラムサール条約登録湿地となっている濤沸(とうふつ)湖の隣、JR浜小清水駅の目の前にできた複合施設。町の観光・産業の情報を発信する「ビジターセンター」とアウトドア

Read More »

Connectrip(コネクトリップ)

網走で産業を営む人々とのふれあいや体験ツアーを通して新しい旅のあり方を提供する「Connectrip(コネクトリップ)」。知床連邦を望む小麦畑の散策や地元産の素

Read More »

網走国定公園小清水原生花園

オホーツク海と濤沸(とうふつ)湖に挟まれた約8km(275ha)の細長い丘陵地帯。クロユリの花がオホーツクの短い夏の到来を告げると、濤沸湖の湖畔にセンダイハギや

Read More »

北海道立北方民族博物館

北方民族博物館は、グリーンランドから北欧までアイヌ文化を含めた北方民族の文化とオホーツク文化を紹介する国内唯一の博物館。常設展示室には、900点を超える貴重な資

Read More »

寿し安

オホーツク海のネタにこだわり、鮮度の高い上質な魚介類を使用した寿司を提供する老舗店。看板メニューは網走の旬をたっぷり味わうことができる「オホーツク寿司(3300

Read More »
メニューを閉じる